NEWS
  • 2021 (1)
  • 2020 (3)
  • 2019 (5)
  • 2018 (6)
  • 2017 (8)
  • 2016 (9)
  • 2015 (11)
  • 2014 (8)
  • 「瓢池園製 水辺の鴨図足付花瓶」

    2017年1月2日

    mcm_1269

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

    アクセサリーミュージアムで2月15日から開催される「オールドノリタケ~近代輸出磁器の煌めき~」展での出品作から酉年にちなむ一点「瓢池園製 水辺の鴨図足付花瓶」(八雲いつか氏撮影)
    明治時代、東京絵付ではウィーン万国博覧会事務掛けを務めた河原徳立(1845-1914)の瓢池園が当時最も規模が大きく、国内外の博覧会で多くの賞を受賞した。河原徳立三男の三郎は百木家の養子になり、その後大倉陶園の社長として、日本の近代窯業になくてはならない人物となり、その志は息子の百木春夫にも受け継がれた。
    mcm_1254

    mcm_1255

    Copyright © 2021 ITANI ART OFFICE All Rights Reserved.